【ニュース】シャープ、3月中にマスク生産へ。三重県の液晶ディスプレイ工場にて。


NHKニュースによると、次の通りです。

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの品薄が続いていることから、シャープは液晶ディスプレーを生産する三重県の工場で3月中にマスクの生産を始めることを決めました。

シャープがマスクの生産を始めるのは液晶ディスプレーを生産している三重県多気町にある工場です。

3月中に生産ラインを作って当面は1日あたり15万枚を生産し、その後、段階的に1日あたり50万枚まで増やす計画だということです。

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの品薄が続いていて、政府は新たに整備する製造ラインに補助金を出す制度を設け、生産にあたるメーカーを公募していました。

シャープとしては工場には液晶ディスプレーを生産するためのクリーンルームがあり衛生環境が整っていることから、マスクの生産に活用することを決めたとしています。

マスクの品薄の解消に向け、政府は現在、月間4億枚のマスクの供給量を輸入も含めて来月中には6億枚にまで増やしたいとしていて、こうした異業種による生産が品薄の解消につながるかが注目されそうです。

引用元:NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200228/k10012306791000.html

Pirawell News の記者の周りでも、マスクはことごとく買占められ、入手困難になっています。
介護用マスクから何から何まで買い占められるとんでもないことになり、100円のマスクが何十倍の値段で転売されるなど、世紀末のような市場となっている中、ついにシャープが声を上げました。

外資系企業となって久しいシャープですが、心は日本にあったんですね!

SHARPによるマスクの生産、強く期待できます。

著者: ヒフミ

ここの編集長。とてもふりーだむなにんげん。甘いものとかわいいものと、美味しいものが好き。

コメントする