【ニュース】決済アプリ「PayPay」を悪用し本をだまし取った女を詐欺罪で逮捕

産経新聞のニュース記事によると、決済アプリ「PayPay」を悪用し本をだましった女が詐欺罪で逮捕された
以下は産経新聞の記事の引用。

 スマートフォン決済アプリ「ペイペイ」を悪用して書籍をだまし取ったとして、大阪府警高槻署は12日、詐欺容疑で同府高槻市栄町の専門学校生の女(20)を逮捕した。容疑を認めており、同日釈放した。今後は任意で調べる。

逮捕容疑は、昨年11月30日、同市内の書店でペイペイのQRコード決済を悪用。書籍13冊(8078円相当)を807円で決済してだまし取ったとしている。

同署などによると、ペイペイのQRコード決済は、客が決済画面に商品代金を入力し、店員が代金を確認した後に、客が支払いを完了させる仕組み。

女は「店員のすきを見て金額の下一桁を消した」と供述。同署は店員に代金を提示してから決済を完了するまでの間に金額を操作したとみている。

引用元:産経新聞:「ペイペイ」悪用し本だまし取る 高槻の専門学校生逮捕
https://www.sankei.com/affairs/news/200212/afr2002120027-n1.html

PAYPAYには店側が客のQRコードを読み取り、店側が金額を入力して決済するパターンと、客が店のQRコードを読み取り、店員に見せながら金額を客が入力して決済するパターンの2パターンの支払い方法がある。

後者の客が店側のQRコードを読み取る方式では、店側が負担する決済手数料が0になるなどの特典が適用されていることもあり、後者のパターンが採用されることが多いが、今回はそれを客側が逆手にとって悪用したパターンとなる。

筆者が最近確認をした所では、PayPayの画面に巧妙に似せた「決済の画面と音を出すアプリ」なども確認されており、QRコード決済を利用したより悪質な詐欺事案が危惧されている。

こうした事案は、単なる万引きという「窃盗」ではなく「詐欺」というより重い罪になり、より厳しい調査を受け、より厳しい処罰が与えられるものとして、悪用を試みる者は自覚してほしいものだ。

著者: ヒフミ

ここの編集長。とてもふりーだむなにんげん。甘いものとかわいいものと、美味しいものが好き。

コメントする