【ニュース】タイ政府が新型コロナウイルスは「エイズ・インフル薬で治癒」と発表


日本経済新聞の記事からの情報です。
ついに、新型コロナウイルスの治療法が発見されたとして話題になっています。

【バンコク=村松洋兵】タイ保健省は2日、記者会見を開き、新型コロナウイルスによる肺炎の治療法を見つけたと発表した。バンコクにある病院の医師が、中国人旅行客の患者にエイズウイルス(HIV)治療薬とインフルエンザ薬を混合して投与したところ、症状の改善を確認した。

使ったのはエイズ治療薬の「ロピナビル」と「リトナビル」、インフル薬の「オセルタミビル」(商品名タミフル)。感染確認から10日しても回復しない重症の中国人女性(71)に投与したところ、それから48時間以内に新型コロナウイルスが消失したという。

新型肺炎の治療を巡っては中国当局も、米製薬大手アッヴィのエイズ治療薬の活用を検討している。タイは中国人に人気の旅行先で、これまでに19人の新型肺炎患者が見つかっている。大半が中国人旅行客だが、中国人を乗せたタイ人タクシー運転手の感染も確認されている。

引用元 タイ政府「新型肺炎、エイズ・インフル薬で治癒」と発表
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55159240S0A200C2FF8000/

現在、筆者が確認した情報ではこれくらいしか情報がありませんでしたが、今後の動きが気になるニュースです。
今回、一人の症状改善がみられたとのことですから、これが他の患者にも通用する手法なのかというのが気になっていく所です。

48時間以内に新型コロナウイルスの消失を確認したとしているということは、少なくとも2日前以上にこの手法を試し始めていたということで、これはなかなかに興味深いことと言えます。

著者: ヒフミ

ここの編集長。とてもふりーだむなにんげん。甘いものとかわいいものと、美味しいものが好き。

コメントする