【解決方法】お名前.comの共用サーバーで、Cloudflareを導入すると管理画面にアクセスできなくなるエラーについて


お名前.comの共用サーバーSDの最大のメリットはその安さ。
が、WordPressをインストールして使おうものなら不具合のパーティーです。

彼らの触れ込みとしては

「他社より高速」
→HTMLに限る。WordPressは他社より遅い。処理速度は最近改善されたが、初回アイドリングがSEOに影響を与えるほど遅い。

「ダウンタイムが短い」
→HTMLに限る。WordPressではプラグインの更新やコアの更新のような負荷のかかる作業をするとよく落ちる。タイミングがタイミングなので、たまに致命的なファイルの破損を引き起こす。WordPressプラグインの自動更新を設定するとよくエラーで大変なことになる。

「24時間365日 サポート」
→窓口があるだけで、30分以上つながらないことが多い。スタッフさんはとても親切で良かったが、電話は基本的に待たされるので使わないのが吉。緊急時でも下手したらメールの方がマシ。

なんとも癖がありますが、こういった不具合ですら歯を噛みしめて泣きながらGMOを恨むことで許せるほどにサービス利用料が安いです。

そんな夢のような共用サーバーですが、最近特に酷い、もはやネタのような致命的なエラーがあったので、解決方法を解説します。記事のネタまで提供してくれる本当に優れたサービス!

CloudflareでSSLを有効にすると、管理画面にアクセスできなくなる。

一部の方は、恐らく画面の前で絶句したことでしょう。
私も驚きました。

Cloudflareをお名前.comの共用サーバーSDで有効にすると、管理画面にアクセスができなくなります。
具体的には、管理画面のリンクを踏んでも404エラーになります。

URL、パーマリンクは関係ありません。サーバー側の仕様です。
「wp/wp-adimin/」「wp/wp-login.php」への接続が遮断され、ページが404になります。

一応、過去の記事でも同様に解説していることですが、一向に改善される気配がなく、Twitter等でも未だに同じエラーで苦しんでいる人がいたため、この記事を解りやすい、困っている方のSEOワードに意識して再解説することにします。

【対処法】一部の環境で「お名前.com共用サーバー」がWordPressにログインできなくなる問題が発生中

お名前.comの共用サーバーは2019年の初め頃に、海外から攻撃を受けたことを受け、WordPressの管理画面への海外アクセスを遮断するようにサーバーの設定が変更になりました。

Cloudflareを経由したアクセスも海外アクセスとサーバー側に判断されるようで、この設定変更により「何もしていないのに不具合が起きた」というPC初心者の台詞のようなことが実際に起きました。

解決方法

40分もサポートセンターに電話を繋いで、順番待ちをして、電話料金を垂れ流して、やっとのことで解決法としては有りえないような内容ではあるけど、一応解決できる方法をGMOさんが教えてくれたので、紹介します。


ようは、wp-login.phpへのアクセスがサーバー設定で拒否されているので、それを許可すればOKです。
「.htaccess」に次の文言を追加して、セキュリティーホールをオープンすることで解決します。

<Files wp-login.php>
order allow,deny
allow from all
</Files>

つまり、全ての接続から「wp-login.php」へのアクセスを許可する設定です。

「馬鹿げてる」って?私もそう思います。

記事が皆さんのためになれば幸いです。

コメントを残す