【動画】愛知県瀬戸市で煽り運転、鬼クラクションからの幅寄せ動画を自ら投稿する者が現れる。


愛知県瀬戸市西長根町で、あおり運転をするドライブレコーダー動画がアップロードされました。

動画のタイトルは「一時停止無視 バカ女」となっていました。
元の動画リンクは動画はこちら「https://youtu.be/Tu4w566PTTA」でしたが、既に削除済です。

当サイトでは、ネタのタレこみ時点で念のため動画を保存していたので、引用として掲載します。

動画のタイトルは「一時停止無視 バカ女」ですが、その後追跡のために撮影車も一時停止無視をしていますね。

撮影車も「一時不停止」「警報機使用違反※1」なんて違反をして、場合によれば「あおり運転」として「暴行罪」が適用される恐れがあるような行為をしておきながら、タイトルに「一時停止無視 バカ女」とは、なかなか興味深いです。

※1クラクションは道路交通法上「使用することが定められている場合と、危険を回避するためにやむを得ない場合」を除き鳴らしてはいけません。

この行為が行われた場所は「〒489-0929 愛知県瀬戸市西長根町」の路上で、
動画の開始地点の緯度と経度はおおよそ「35.213482, 137.072490」

Google Mapでの地点はこちら

ストリートビューはこちらです。

尚、管轄の警察署は「瀬戸警察署」です。

愛知県 瀬戸警察署
〒489-0889 愛知県瀬戸市原山町1−2

無くならないあおり運転、ドライブレコーダーが事故だけでなく事件に役立つ今ですが、
まさか自分自身が行ったあおり運転をアップロードする人物がいるとは意外です。

記事の筆者の見解としては「あおり運転の性質を考えれば、よくあること。」ですが….。
というのも、基本的にあおり運転というのは基本的に「自分が正しい」と思って行われることです。

「相手にこういう非があるから、自分も非があるような行為をやって良い」

だいたいのあおり運転はこういう思考のもと、つまり「自己の正当化」をもって行われていて、
当然する側は「悪い奴に攻撃したから正当」だとか勘違いをしているわけです。


つまり簡単に言えば「私刑」。

車をつかってやれば「交通違反」ですし、道路交通法や運転免許の性質を考えれば「運転免許を持っているなら車が凶器と認識していることは当たり前」という前提があるので、「車を凶器と認識しながら、それを危険な行為に利用し相手を驚かせた」として「暴行」となることがあります。

「法を尊重しない人間が法で守られる必要があるのか。」
これは最近筆者がよく考えることです。

ネットでの私刑や晒し行為にしても、個人の名誉を傷つければ当然犯罪になる恐れがありますし、そうした行為は断じて許されるものではありません。

近年の「相手が悪ければやり返して良い」という法を尊重できない人の増加や「私刑の流行」、「あおり運転の流行」はまったく恐ろしいものだと筆者は強く感じます。

コメントを残す