【ニュース】飲食店に意図的に無断キャンセルをしたと思われる男が逮捕される


意図的な無断キャンセルをしたと思われる男が、警察に逮捕されたそうです。

今回の情報元は、「読売新聞オンライン」の次の記事。
まずは内容を引用してお伝えします。

【独自】偽名で居酒屋に17人分予約、無断キャンセルで逮捕

 居酒屋の団体予約を無断でキャンセルしたとして、警視庁丸の内署が11日、東京都内の50歳代の男を偽計業務妨害容疑で逮捕したことがわかった。無断キャンセルによる飲食店の損害が社会問題化しているが、容疑者が摘発されるのは珍しいという。

 捜査関係者によると、男は6月下旬頃、千代田区内の居酒屋に偽名を使って電話をし、1人1万円の食事コース計17人分を予約しながら、当日に来店せず、店の業務を妨害した疑い。「問い合わせの電話はしたが、予約はしていない」と容疑を否認している。

 この居酒屋の系列店4店にも、同じ日に8~20人分の団体予約があり、いずれも無断でキャンセルされた。いずれも同じ偽名で予約されており、丸の内署は当初から来店するつもりがなかったとみて、男との関連を調べている。

 近年、無断キャンセル被害は深刻化し、経済産業省の有識者勉強会のリポートによると、損害額は年間2000億円に上るとされる。

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/national/20191111-OYT1T50119/
読売新聞オンライン

無断キャンセルは飲食店を悩ませる重大な問題ですが、
当ウェブ編集部の感想としては、「本件においては無断キャンセルというよりは、
無断キャンセルを悪用した意図した業務妨害」に感じます。

他の系列店4店にも、同じ日に同じように嘘の予約を入れた疑いがあるようで、
もしそれが事実だとすれば相当悪質です。

事前に大口の予約があれば席を確保するのはもちろん、食材の確保、時間の確保。
損失は「非常に大きなもの」になるでしょう。

動機、余罪、起訴の有無がどうなるか、今後の展開が気になるところです。

コメントを残す