【速報】水産庁の監視船と北朝鮮の漁船が衝突。海保が出動し北朝鮮衝突船乗組員20人以上を救助。【追記有り】

水産庁は今日(2019年10月7日)午前9時10分ごろに能登半島の北西約350キロの海域で、
北朝鮮漁船と水産庁の保有する漁業取締船「おおくに」が衝突したと発表した。

第一報では、漁船の乗組員約20人が海に投げ出され、一部は救助されたという。
最新の情報では、海上保安庁により20人以上が救助されたとのこと。

政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、対応にあたっている。

衝突事故が起きたのは日本海の大和堆周辺で、日本の排他的経済水域内だった。
水産庁の漁業取締船は自力航行できる状態でけが人はいないとみられ、水産庁では情報収集を急いでいる状態。

第9管区海上保安本部(新潟)によると、北朝鮮漁船は今日午前9時半ごろに沈没した。

【追記】

江藤拓農林水産相は午後、報道陣の取材に応じ
「向こうの船が急旋回をしたために、ぶつかったと承知している」と述べた模様です。

コメントを残す