【動画】暴走族vs警察 初日の出暴走のまとめがスゴイ


暴走族も珍走団と呼び名が変わり、
社会的には「ただの恥ずかしい集団」になりつつある現代。

暴走族はその数を減らしましたが、全盛期(笑)はもっとすごかったという動画がありました。
これは初日の出暴走の、警察24時動画のまとめ動画です。

便利な移動手段として作られたあらゆる車両。

筆者が通っているバイク屋の店主は暴走族についてこう言っていました。
「バイクはそんなことをするために作られた技術じゃない。
暴走行為は、技術者へ対する侮辱。」

さらに筆者の知り合いの司法書士に暴走族についての見解を問うと

「多くの死人、多くの犠牲とともに作られてきた法律。それを意図して無視する無法行為は、過去に犠牲になった人への侮辱。法という犠牲を伴ってできた財産への侮辱は、先祖への侮辱。許されない行為。」
「馬鹿をすることは若者の特権。そんな正当化はまかり通らない。」「誰が見ても迷惑と解る行為を、迷惑と解りながらするというのはただの馬鹿。そこにかっこよさなんて微塵も無い。あるいは、もし迷惑と解っていないなら本当に救いようのない馬鹿。法を守らない奴を法で守るなんて国は優しすぎ。」

とこれまでにないほど熱烈に批判。

時代も変わり、無くなりつつあり、本当にただ迷惑で恥ずかしい存在でしかなくなった珍走団。
今日もまだわずかな生き残りが、夜中にブンブンと人に迷惑をかけ走り回っています。

コメントを残す