【恐怖】常磐自動車道で暴行を伴う煽り運転 5発殴られる -追記あり

煽り運転は死すべし。

PNSのHihumiです。

運転免許証がどういう性質のものか、皆さんはご存知でしょうか。
運転免許とは、本来は自動車では走ることができない国が管理する道路(公道)を、走ることを特別に許可していることを証明するものです。つまり、運転免許の保持者は「道路を走る許可を頂き走らせて頂いている立場」です。

ルールは法で定められていて、例え他の運転者に非があっても仕返しをして良い正当な理由にはなりませんし、取り締まったり注意をするのは司法(この場合は基本的に警察機関)の仕事で、例え相手が悪かろうと「注意のためにクラクションを鳴らす」というのは論外です。

私刑はトラブルを生むからこそ、刑法などの法律が定められ、人類の偉大なる歴史と進化し続けている「法律」というかけげえの無い「財産」が出来て今日に至っていますが、司法に対する意識が低い人ばかりで、まったくあきれる世の中です。
私刑は法に対する侮辱で、法を侮辱する人がはたして法で守られる資格があるのかと、非常に残念です。

さて、今回はそんな法に対する意識が低い、法という財産に対して何の敬意も感じられないとんでも級のクズが動画に撮影され、ニュースで報道されていたのでご紹介します。

ANN Newsの公式チャンネル「ANN NESS CH」で公開中の次の動画です。

-実際の動画

「ANNnewsCH – 高速であおられ無理やり停車「殺すぞ」顔を何発も・・・(19/08/12)

撮影者側に非があったのかは、この動画では解りませんが、相手がとんでもないクズで驚きです。

恐らく、運転免許は持っていて運転への責任がある人で、さらに見た感じ夫婦で家族がいて家庭への責任もある人が、あろうことか下手すれば数秒先に死が待つ「高速道路」であおり運転を行った挙句、無理やり停車させ、撮影者に対して暴行に及ぶ。

どんな風に育てば、ここまでクズなことができるんでしょうか。
その価値観に触れてみたいと純粋に感じ、純粋に疑問を持つほどです。

今回の加害者には、「道路交通法違反」や「暴行罪」が適用されることでしょう。

本記事筆者も、道路で車を走らせる許可を頂いている同じ運転者、運免許保持者であり、
同じ運転者としてこの動画の加害車両運転手には厳罰を望むところです。

PNS Hihumi

追記

(恐らく)同じ車両、同じ運転者が他の場所でもあおり運転をしている様子が撮影されていました。
動画を追加します。

これはなんというか、天然記念物レベルのクズ、馬鹿ですね。

クズという言葉や馬鹿という言葉を使えば、クズや馬鹿に失礼なレベルの、もはや今ある言語で表現ができないレベルのどうしようも無い人間….いや、人間という言葉も使いたくないレベルの「対象」ですね。

この対象は、これから刑法で確実に裁かれることでしょうが、個人的な意見としては「刑法で裁かれるだけ有難い」と理解して頂きたいレベルです。

法に対する敬意が微塵も感じられない、こんなとんでもない対象でも、平等に法という概念で裁かれるなんて、それほど有難いことはありません。
今の法律上、とても悲しいことにこれは「刑法で裁かれるべきヒト科の人という動物」と、とても残念ながら認められてしまい、法で裁かれることになるのでしょうが…..これがそれに該当しないものなら、直ちに殺処分ですよ。

本当に、今の世の中は危険がいっぱいですね….。
皆さんもドラレコ買いましょう。

↑なるべく、こういう前後が写るものを…..

 

【編集雑記】
今回の記事の書き方、自分でも驚くくらい辛口で草……

コメントを残す