【由来の説明】サンドイッチに塩をかける?


皆さんはサンドイッチに塩をかけますか?

こんにちは。PNSのHihumiです。

この前、喫茶店でミックスサンドとコーヒーを頼むと…..
塩が一緒に出てきました。

(^_^.)「んん、塩?」

(そういえば、喫茶店でサンドイッチを頼むと塩が一緒に出てくる事が多いなぁ….)

一緒に出すからには何か意味があるんだろう、
きっと美味しいんだろうと、不思議に思いながらかけて食べてみたところ、意外と好きな味でした。
(私は塩辛い物が好きなのであまり参考にはならないかも。)

しかし、考えてみるとサンドイッチに塩って不思議だなと感じ、
今回はその由来を調べてきました。

日本における、初期の頃のサンドイッチは塩をかけるものだった。

詳しい由来は不明でしたが、サンドイッチはおおよそ江戸時代ごろに日本に上陸したようです。
調味料も、管理させれて生産されたパンも無く、ノウハウも無い時代に作られたサンドイッチは、それはそれは美味しくなかったそうです。

そこで、味を調えるために塩を一緒に出したり、最初からかけて出したのが始まりだそうです。

今でこそ、美味しいソースやマヨネーズ、美味しいパンでサンドされ味も程よくできていて、それが当たり前ですが昔はそうでなかった。
特に日本の喫茶店等で出る、卵焼きも一緒にサンドされたミックスサンドは、好みも別れたそうです。

 

うーん、なんだか歴史を感じます。私たちの先祖は一体どんな物を食べていたんでしょうかね。

今回は以上です。

 

【編集雑記】エスニックジョーク
日本人「私たちのご先祖様は、味噌と醤油が発明されるまで何を食べていたんだろう?」
ロシア人「私たちのご先祖様は、ウォッカを作るまで何を飲んでいたのだろう?」
イタリア人「私たちのご先祖様は、トマトを発見するまで何を作っていたんだろう?」
フランス人「私たちのご先祖様は、ワインを作るまで何を飲んでいたのだろう?」
イギリス人「私たちのご先祖様は、どうしてこんなにマズイ物ばかり作ったのだろう?」

コメントを残す